倹約エンジニアの分散投資ブログ

様々な投資対象を勉強しています!市場のアノマリーや雑記も書いています!

貴金属の上昇でロシアルーブルも上がるか?

    f:id:owngoalkun:20201011180723p:plain

10/9 (金) に金銀プラチナの日足チャートでMACDが上抜けし、上昇トレンドに変わる可能性があります。

 

貴金属が上昇トレンドに変わった場合、貴金属ETF以外で私が今注目しているのは、ロシアの通貨ルーブルです。

 

本日はロシアルーブルになぜ着目したかを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

1. ロシアは貴金属の産出国

 

2019年の金銀プラチナの産出国内訳

f:id:owngoalkun:20201011195415p:plain

(以下サイトのデータを円グラフにしております 

金 https://pubs.usgs.gov/periodicals/mcs2020/mcs2020.pdf

Mine Production - The Silver Institute

プラチナ https://platinuminvestment.com/files/455578/PQ_Table_Q2_2020.pdf )

 

ロシアルーブルと金の相関係数は0.73あり、銀やプラチナとの相関係数もほぼ同等です。

f:id:owngoalkun:20201011202308p:plain

使用サイト https://jp.tradingview.com/chart/qT0vElHG/

 

2. ロシアルーブルのチャート

ロシアルーブルの日足チャート

f:id:owngoalkun:20201011183434p:plain

使用サイト https://jp.tradingview.com/chart/qT0vElHG/

現在は25日単純移動平均線 (青線) を突破するかしないかのところで、RSIが50を超えるかどうかとなっています。

 

また、3月の安値1.33のラインで反発しています。

 

月足チャートをみると、2016年にも安値1.33で反発しており、意識されているラインだと考えられます。 

ロシアルーブルの月足チャート

f:id:owngoalkun:20201011183715p:plain

使用サイト https://jp.tradingview.com/chart/qT0vElHG/

 

以上をまとめると、上昇が期待できるかもしれません。

 

3. 最後に

ロシアルーブルについては、まずは週明けに少し様子を見て、日足で25日線を明確に突破したら買おうかなと考えています。

損切は1.33ラインを明確に下回ったときですね。リスクは高いので、建玉数量に気をつけなければなりませんね。

 

これと他に豪ドル南アランドメキシコペソなどもいいかもしれませんね。

 

 

本日の記事でヒントをいただいたのは、MIXAさんの記事です。

これからは金・銀・日本株!ミクサの投資戦略 - ミクサの脱社畜計画

MIXAさんのブログは投資戦略や著名人の考えなどをまとめられています。

私もいつも参考にさせていただいております。

 

※本記事はあくまで私個人の考えなので、投資は自己判断でお願い致します!

 

本日は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下のような記事もありますので、よろしければご参照下さい。

owngoalkun-credentials.hatenablog.com

owngoalkun-credentials.hatenablog.com

owngoalkun-credentials.hatenablog.com