アノマリー_7月4日独立記念日前は株価が上昇しやすい? / Anomaly_Independence Day

   f:id:owngoalkun:20200503151609j:plain

こんにちは!

7月4日 アメリカの独立記念日が近づいてきました。

 I wrote this article in English later. Please click here. → 【English】

 

アノマリーとして、大きな祝日の前に株価が上昇することがあります。

アノマリーとは、ある法則・理論からみて異常であったり、説明できない事象や個体などを指します。

 

2022年は以下のようなスケジュールです。

7月1日 (金) 独立記念日前の最終取引日

7月2~3日 (土日) 市場休場

7月4日 (月) 独立記念日

 

 

 

過去の独立記念日前に株価はどう動いたのでしょう?

見ていきたいと思います。 

※ファンダメンタルやテクニカル分析はありません。あくまで、過去の独立記念日前の株価変動率をまとめるのみです。

 

 

独立記念日前日のダウ平均の日次の平均利回りを見ると、近年そのようなアノマリーは弱まっている傾向があります。

1885年~2006年のダウ平均の日時平均利回り

f:id:owngoalkun:20200701194337p:plain

引用 ジェレミー・シーゲル (2009). 株式投資 第4版 日経BP

 

上の表は2006年までのデータなので、2007年以降のデータを集計してみました。

2007年~2021年アメリカ独立記念日前の最終取引日のダウ平均の価格変動率をまとめたグラフです。

普段と大きく変わらないですね。

最大下落率は2009年の-2.63%で、平均変動率は+0.1455%です。

ちなみに直近の最大上昇率+1.36%を記録した2011年は、今年と同様7月1日 (金) でした。

 

アメリカ独立記念日とは

その名の通り、1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して、毎年7月4日に定められている祝日です。

 

独立記念日の一週間はクリスマス感謝祭と並び全米が祝日モードになるらしいです。

ワシントンDCやボストンなどの都市では大型の花火打ち上げや屋外コンサートが行われ、大勢の観光客で賑わうみたいです。

 

本日は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になればと思います。

 

以下のような記事もあります。よろしければご参照下さい。

owngoalkun-credentials.hatenablog.com

owngoalkun-credentials.hatenablog.com

 

======================================================

【English】

Hello! I write this article in poor English, but I hope you will read it to the end.

 

The American Independence Day on Saturday, July 4th is approaching.

As a market anomaly, stock prices rise before a big holiday.

A market anomaly in a financial market is predictability that seems to be inconsistent with (typically risk-based) theories of asset prices.

 

Early July

Friday,July 1  Friday Before Independence Day

Monday,July 4 Independence Day

 

Let's check how much the stock price has changed before the past Independence Day.

There is no fundamental or technical analysis.

I just summarized the stock price volatility before the independence day in the past.

 

The table below shows the daily average yield of the Dow Jones Industrial Average on the day before Independence Day.

The above table is the data up to 2006, so I have aggregated the data since 2007.

 

This is a graph summarizing the Dow Jones Industrial Average price volatility on the last trading day before the US Independence Day from 2007 to 2021.

The maximum rate of decline is -2.63% and the average is + 0.1455%.

In 2011, the Dow Jones Industrial Average rose + 1.36%. That day was Friday, July 1st, just like this year.

 

That's all for today. Thank you for reading to the end even though I wrote it in poor English.