倹約エンジニアの分散投資ブログ

様々な投資対象を勉強しています!市場のアノマリーや雑記も書いています!

プラチナが一時1090ドルを突破して4年ぶりの水準!

こんにちは!

ついに、プラチナが今年最高値を更新して、4年前の価格まで上昇しました。

1100ドル/オンス手間まで来ております。

 

 

 

チャートを見ていきたいと思います。

プラチナ先物の週足チャート

f:id:owngoalkun:20201204224435p:plain

今週は11%上昇しました。週足で見ると、MACDもシグナルを上抜けして、RSIも上昇となっており、上昇トレンドです。

しかし、ボリンジャーバンドの+2σを突破しているので、ここで短期的な買いはしたくないです。

 

プラチナの急騰の原因については色々な意見があります。

・ドル安 (ドルインデックスの下落) のため

・金銀より割安なため

★工業・産業の回復見込みのため

★供給不足の報告が出たため

 どれも正しそうですが、★については以下に資料を貼ります。

 

 

World Platinum Investment Council  (サイト World Platinum Investment Council)

が20/11/18に「2020年第3四半期のプラチナの需給」について報告しました。

 

 

World Platinum Investment Councilによると、2020年第3四半期のプラチナの総供給量は前年同期比5%減 (2041 koz→1940 koz) だったそうです。この原因は、新型コロナウィルスの影響や南アフリカの鉱山で転炉事故が起こったことによるものです。

f:id:owngoalkun:20201206123119p:plain

プラチナの供給量 (単位はキロオンス)

f:id:owngoalkun:20201206115654p:plain

 

一方、2020年第3四半期の需要は前年比と前期比いずれよりも上昇して、

22.1トン (-709 koz) の供給不足となりました。 

プラチナの需要量 (単位はキロオンス)

f:id:owngoalkun:20201206115850p:plain

特に投資需要 (Investment) が前年比+291%、前期比+157%となっており、プラチナを投資対象と考えられる傾向が強まった印象を受けます。

また、自動車 (Automobile) や宝飾品 (Jewellery) 、工業 (Industirial) のそれぞれの需要は、前年比より減少しているものの、前期比よりは増加しています。

 

 

上の報告が理由かはわかりませんが、この報告が出る2日前くらいからプラチナが上昇し始めました (発表の少し前に市場に織り込まれた?)。

プラチナ先物の日足チャート

f:id:owngoalkun:20201206123850p:plain

 

 

2021年について、World Platinum Investment Council  (サイト World Platinum Investment Council) によると以下の予測がされています。

f:id:owngoalkun:20201206163756p:plain

2020年よりは供給回復しますが、供給不足が見込まれています (-224 koz)

投資需要が2020年の-55%となっているのは気がかりですが、供給不足が見込まれていることは、プラチナにとってポジティブな情報です。

 

 

私は短期保有のプラチナは利益確定売りしてしまいましたが、年内でどこまで上昇するか楽しみです。

 

 

本記事のチャートは全てTradingView (https://jp.tradingview.com/chart/) を使用しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

以下のような記事もありますので、よろしければご参照下さい。  

owngoalkun-credentials.hatenablog.comowngoalkun-credentials.hatenablog.com

owngoalkun-credentials.hatenablog.com 

owngoalkun-credentials.hatenablog.com

 

ランキングに参加しているのでポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ