倹約エンジニアの分散投資ブログ

様々な投資対象を勉強しています!市場のアノマリーや雑記も書いています!

【貴金属】短期的には上がりにくい?長期的には買い続ける

 

早速高橋ダンさんがYoutube動画をアップしてくれています。ありがたいです。

www.youtube.com

動画を見ていただく方が早いかもしれませんが、簡単に紹介したいと思います。

 

 

 

01:33 ゴールド、シルバー、プラチナに投資する理由

そもそもなぜ、金や銀、プラチナに投資妙味があると考えるかについて、復習してくださっています。

 

① 金について

金は世界的かつ歴史的に貨幣であったため、現在世界的に流通している米ドルと比較するべき。

マネタリーベース*に対する金価格の比

*マネタリーベースとは、現金の通貨と民間の金融機関が中央銀行に預けた金銭の合計のこと。

f:id:owngoalkun:20200812215355p:plain

引用 Gold to Monetary Base Ratio | MacroTrends

 

最近になって金価格が上昇したものの、マネタリーベースに対してはまだ金価格は歴史的に低い

 

② 銀について

銀価格に対する金価格の比*

*数値が大きくなるほど、銀価格より金価格が大きい

f:id:owngoalkun:20200812215809p:plain

引用 Gold to Silver Ratio - 100 Year Historical Chart | MacroTrends

 

これを見ると、銀価格は金価格より歴史的に低い

 

③ プラチナについて

プラチナ価格に対する金価格の比*

*数値が大きくなるほど、プラチナ価格より金価格が大きい

f:id:owngoalkun:20200812221055p:plain

引用 https://www.denvergold.org/precious-metal-prices-charts/gold-to-platinum-ratio/

これを見ると、プラチナ価格は金価格より歴史的に低い
 

以上より、金や銀、プラチナは長期的に価格上昇が期待できるので、長期投資戦略の変更はなし

 

 

一方、短期的であれば、8/5の高橋ダンさんのYoutube動画で話されたように金と銀は既に売却済

プラチナはまだ短期的に持っている

 

以上がこれまでのレビュー。

 

06:45 短期的と長期的な分析

金のピークは8/6だったのに対して、銀のピークは8/10だった。

先に金が下落し始めたことから、今回の暴落の発生点は「」。

 

ちなみに、プラチナをはじめ他の貴金属や原油はあまり動いていない。

 

金と銀はMACDストキャスティクス、RSIは一方的に下がっていることから、短期的に下がっていることは明らかである。

 

金先物価格とCFTC金投機ネットポジション

f:id:owngoalkun:20200812230821p:plain

使用サイト (金先物価格) https://jp.tradingview.com/chart/qT0vElHG/

(CFTC) https://www.investing.com/economic-calendar/cftc-gold-speculative-positions-1618

 

ネットポジションの方が価格より先に動く傾向あり

そして、今日の暴落を見るとポジションはまだ下がりそうなので、今はアグレッシブに買う必要なし

 

ポジションが100くらいまで下がって、数週間くらい落ち着いてからアグレッシブに買いたい。

 

14:20Dan Takahashiの意見

投資は自己責任です。

 

短期では貴金属を買う必要なし。

銀は20日移動平均線をまだ切っていないので、短期的に少し空売りしてみるのもありかも。

保有している短期用のプラチナは売却する。

 

長期投資なら何もしない。

 

 

簡単な概要ですが、以上が高橋ダンさんがYoutube動画で述べられていたことです。

さすが、分析が深いですね。

  

本日は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

以下のような記事もあります。よろしければご参考に。

owngoalkun-credentials.hatenablog.com

owngoalkun-credentials.hatenablog.com

owngoalkun-credentials.hatenablog.com

 

ランキングに参加しているのでポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ